資料請求
来場予約
東海支店・岐阜支店 トップページへ
TOP
頑強な土台 ベタ基礎工法 高い通気性 基礎パッキン工法 耐久性への高い信頼 鋼製床束工法 空気の流れをつくる 外壁通気工法 構造の基軸 ツーバイフォー工法

頑強な土台 ベタ基礎工法 ベタ基礎工法

頑強な土台 ベタ基礎工法

強固な地盤に堅牢・安心の基礎施工を行なうことで家を長生きさせます。オークラホームでは強度をもった「ベタ基礎」を標準仕様としています。また、厚みは「フラット35技術基準」の120ミリより1.25倍の厚さの150ミリを採用しております。また、鉄筋を縦横に配筋することにより、コンクリートと鉄筋が一体化した高強度の基礎構造を作り上げます。

高い通気性 基礎パッキン工法 基礎パッキン工法

高い通気性 基礎パッキン工法

基礎パッキン工法は、基礎に床下換気口をつくらない工法で、建物の周囲より換気が可能です。高い換気能力があり床下の湿気を排除します。換気口による欠損がないため基礎強度のばらつきも生じないので地震などの大きな外力への強度が向上します。

耐久性への高い信頼 鋼製床束工法 鋼製床束工法

耐久性への高い信頼 鋼製床束工法

外気より湿度の高い床下で床を支える床束は、耐久性が求められます。鋼製床束は、腐朽や蟻害に強い材質に加え、施工後の微調整機能もあわせ持っています。

空気の流れをつくる 外壁通気工法 外壁通気工法

空気の流れをつくる 外壁通気工法

住宅の高気密・高断熱の普及に伴って、壁全体に結露の発生が憂慮されます。高気密化された室内の湿気は内装材を通って壁の中に幾分か浸透していきます。壁が密閉状態の場合は、湿気に逃げ場がなく、外壁材の裏面や壁体内で結露が発生することがあります。それによって、柱・間柱・土台などの構造体が腐朽し、断熱材が濡れることで、断熱性能が低下します。外壁通気工法により、外壁材と断熱材の間に空気の通り道をつくりすみやかに湿気を外気に放出させ、内部結露を抑制することで、住宅の耐久性と快適性を高めます。

構造の基軸 ツーバイフォー工法 ツーバイフォー工法

構造の基軸 ツーバイフォー工法素材

壁と床で外力を支え、6面体で荷重を分散。優れた耐震性を発揮します。また、ある程度の太さや厚さがある木材は、燃えると表層部が炭化し燃焼の進行がストップ。中心部が燃え残り強度を保ちます。その高い耐火性能は、火災保険料の割引率に反映されることで実証されています。オークラホームのツーバイフォーは、2階の耐力壁について、直下(1階)に壁がない場合、もしくは窓やドア等の開口部がある場合には、2階部分の耐力壁の長さを1/2として安全側に計算をしています。また、耐力壁線、区画割は建築基準法および国交省告示を遵守しています。

構造を詳しく見る
PAGE TOP
OKURA HOME GIFU

オークラホーム岐阜支店 岐阜県岐阜市薮田南3-2-3

株式会社 大倉
大阪本社:〒530-8530 大阪市北区天神橋2丁目北2番11号
名古屋支店:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内
3丁目23番20号 HF桜通ビルディング6F
建築業許可 国土交通大臣(特-24)第2198号(更新中)
宅建免許番号 国土交通大臣(14)第590号
一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-24)第11597号
(一社)不動産協会会員
東海不動産公正取引協議会会員
(一社)ツーバイフォー建築協会会員